しっかり知ってしっかり準備!賃貸住宅入居にかかる初期費用

代表的な初期費用、敷金・礼金

賃貸住宅にかかる費用で、家賃以外に忘れてはいけないのが初期費用ですね。その代表的なものの一つが敷金になります。これは、借主が故意や過失により、部屋に損害を与えた時にその修繕費用として使われるもので、退去時にはそれが差し引かれた額が戻ってきます。大体、家賃の1~3か月分に設定されているのが一般的です。次は礼金で、文字通り、貸主に部屋を貸してもらったお礼として支払うお金のことです。こちらは、家賃の1~2か月分となっていることが多くなっています。

前家賃といざという時のための火災保険

前家賃は、契約する月の日割り分と翌月分の家賃を支払うものです。ただし入居後、数か月分の家賃が無料という特典のついた物件もありますので、少しでも初期費用をおさえたい人は利用してみるとよいでしょう。また、火災保険に加入することを義務付けられている物件も多いです。これは、火事を出してしまった場合に、原状回復義務の履行に必要な費用や、火事をもらった時に自分の家財道具の補償をしてもらうためのものです。補償の内容によって変わってきますが、おおむね1万5000~2万円となっています。

不動産屋に支払う仲介手数料

不動産会社が賃貸の仲介をしている場合には、そこに対して仲介手数料を支払わなければならないケースが多いです。これは、成功報酬となっており、契約が成立した時点で発生するものです。額は、家賃の1.08か月分以内ということが法律で規定されており、これに沿った額の支払いをすることになります。ただし最近では、不動産業界の競争の激化などにより、この仲介手数料を割り引き、あるいは無料にするところも増えてきています。

森の賃貸は、取り扱っている物件の数が多いという特徴があります。希望の間取りやエリアの賃貸が必ず見つかります。