いつリフォームする?外壁塗装に見られる現象

リフォームのタイミング!?外壁塗装のヒビ割れ

住宅を所有していると、定期的にメンテナンスは行わなければなりません。特に外壁塗装のリフォームは、住宅の壁を守るために行うべきものです。外壁部分にヒビ割れが見られるようであれば、それはリフォームを行うべきというサインです。ヒビ割れた部分から雨水などが内部に侵入することもあるため、早めにリフォームしておくべきですね。できるだけ早くヒビ割れを修復すれば、それだけ住宅の外壁を守り長持ちさせる事ができます。

チョーキング現象?外壁塗装表面に出てくる粉

住宅の外壁の劣化を示す現象の一つとして、チョーキング現象があります。外壁の塗装に白い粉がついているような事があるかもしれません。それは、外部から粉が付着したのではなく、外壁塗装自身から生じたものです。外壁の表面を指で触れてみて、指先に白い粉がつくようであれば、それはリフォームの時期です。このチョーキングの現象は、紫外線や熱などの各種の影響により、外壁塗装の中の顔料が劣化していることから生じるものです。

単なる汚れでない!?カビや汚染除去の外壁塗装

住宅の壁は、雨風に晒されている部位です。そのため、高い湿度が影響して、カビが繁殖することがあります。またさらに、空気中に含まれる汚染物質が、外壁を汚す事があります。このような影響から、外壁が黒く変色する事があるのです。外壁が次第に変色しているようであれば、それは外壁塗装のリフォームを行うべきサインといえるでしょう。汚れてしまっていた外壁塗装も、リフォームのおかげで新品同様に美しく生まれ変わります。

外壁塗装なら鎌ヶ谷の塗装屋に任せましょう。金属塗装や特殊な加工が必要な塗装も、完璧な仕事ぶりでやってくれます。