やっぱり購入するなら一戸建!購入するならここは気をつけたいポイント

一戸建て住宅は自由度が高い!

住宅を購入する際、一戸建かマンションかで悩む方も多いでしょう。マンションに比べると規約等がほとんどない戸建住宅は、全てにおいて自由度が高いといえます。例えば、マンションの場合にはペットの飼育規定が細かくあったり、リフォームにおいてもベランダやポーチ、玄関のドア等は住民全体の共有部分とされリフォームが認められていません。また、上下階、両隣の家への騒音の配慮など、近隣住民への配慮もより必要になります。一戸建て住宅の方が、より独立した空間を感じることができると言ってもよいでしょう。

一戸建て選び、気をつけたいポイント

戸建住宅を選ぶ際の注意点ですが、立地や日当たりに関しては、最も気にする方が多いでしょう。その他の注意点としましては、まず耐震性です。マンションにおいては、建物自体が大きく耐久性が求められるので、鉄筋コンクリート造が多いのに対し、戸建の場合は木造建築が多いのが現状です。木造でも新しい物ですと十分に耐震性が備わっている物が多いので、中古物件や建売物件の場合には不動産会社によく確認することが必要です。注文住宅の場合ハウスメーカー各社様々な構法があるので、よく吟味して建てましょう。次に固定資産税についてです。賃貸に住み続けていると生じない物ですが、不動産を所有すると毎年支払う物になりますので、固定資産税が高額になる場合には家計への負担増が心配されます。土地の評価額や建物の構法によって固定資産税が変わってきますので、既に建物が建っている物件に関しては、不動産会社に確認し、注文住宅の場合には、ハウスメーカーと相談して建てることをおすすめします。一般的に鉄筋コンクリート造りより、木造住宅の方が安いとされますが、その他瓦や床の材質、埋め込み式のエアコンか等、細かいところで評価が変わってきます。

近隣住民と良好な関係を築くために

壁一枚で遮られているマンションと違い、一戸建ての場合には近隣住民との距離があります。しかし、庭の植物の手入れをせずにお隣の敷地に枝が入り込んでしまったり、お互いの家の窓の位置によってはお互いの生活状況が見えてしまったり等のトラブルも想定しておかなくてはいけません。できるだけ近隣住民と上手に付き合う為には、庭や玄関先等、外側から見える場所はこまめに手入れをすることを心がけた方が良いでしょう。また、お互いのプライバシーを少しでも守るために、生活の中心となるリビングや寝室等には、外から見えにくいカーテンやブラインド等の配慮をするのが無難です。このような少しの配慮で、家族だけのかけがえのない空間をより快適に過ごすことができるでしょう。

三郷市の新築一戸建ては、ファミリーで快適に暮らすことができるような物件が豊富に揃っており、周辺環境も大変魅力的です。